【開催案内】やちエネ設立3周年記念イベント(11/22)

「気候危機!八千代市から目指す自然エネルギー100%の未来」

日時:2020年11月22日(日)14:30-16:30
会場:オンライン(Zoomミーティング) 定員100名
参加費: 無料  

主催:やちよ自然エネルギー市民協議会(やちエネ)
共催:一般社団法人 やちよ未来エネルギー、エコライフやちよ、八千代環境市民連絡会

各地で地球温暖化によると考えられる異常気象が頻発し、様々なステークホルダーによる脱炭素への取り組みを進めることが重要になっています。また、八千代市においても気候非常事態宣言や2050年に向けたゼロカーボンシティの宣言などを行った上で、新たな環境基本条例を始め様々な地球温暖化防止の施策が求められます。やちよ自然エネルギー市民協議会の設立から3周年を迎え、改めて地域から気候危機の現状や自然エネルギー100%の未来について共有し、八千代市おいて気候危機にどう立ち向かうかを考えるオンラインイベントを開催します。関心のある多くの市民の参加をお待ちしています。

プログラム

14:30 開会

報告1「地域から考える気候危機とゼロカーボンシティへの道」 [資料(PDF)]
松原弘直(認定NPO法人環境エネルギー政策研究所 主席研究員 工学博士)

報告2「八千代市の環境政策と自然エネルギーへの取組み」 [資料]
高山敏朗(やちよ未来エネルギー代表理事、八千代市議会議員)

情報共有「自治体の気候非常事態宣言・ゼロカーボンシティ表明」
丸谷さとこ(明石市議会議員・NPO法人再生可能エネルギーあかし顧問)
「兵庫県明石市の気候非常事態宣言と市民協働の取組み」[資料(PDF)]

オンライン座談会「地域は気候危機にどう立ち向かうのか?」

16:30 閉会